人気ブログランキング |

北上の家

北上の家_e0298218_1747856.jpg


北上市に建築のお若いご夫婦の平屋建てにこだわった家をご紹介。
県産木材を使い、フラット35Sエコ仕様、耐震等級3、熱損失1.2W/㎡以下、など等・・・

 
# by enddeC | 2012-12-24 17:58

ほぼ完成

ほぼ完成です。こまかいところは端折っての説明でしたがごらんいただきありがとうございました。
吹き抜けがあるのに構造強度最上級ランク3、県産木材を主要構造材に使用して、断熱性能は次世代省エネ基準の1.7倍、掘りごたつと和室床下収納など、お施主様の希望を取り入れた住宅ができあがりました。

床下スラブ暖房での全館輻射熱暖房ですので温度差がほとんどありません。また、太陽光発電設備もついたオール電化住宅と、安全で実際住んでみて快適です、との感想をいただきました。
ほぼ完成_e0298218_1526156.jpg
ほぼ完成_e0298218_1526628.jpg
ほぼ完成_e0298218_15261610.jpg
ほぼ完成_e0298218_15262138.jpg
ほぼ完成_e0298218_15262647.jpg
ほぼ完成_e0298218_15263321.jpg
ほぼ完成_e0298218_1526409.jpg

# by enddeC | 2012-12-20 23:19 | 住宅

外回り完成・内部下地と造作

外回りがほぼ完成しました。 窓等はLow-Eガラスの複層樹脂サッシですが、一部北側の部屋の窓ガラスを真空ガラスにしました。
当初トリプルガラスにしようかと思ったのですが、商品構成としてトリプルガラスはサッシの枠色が選べなかったということもあります。 トリプルより真空ガラスのほうが断熱性能は上なのでかえってよかったかなと・・・
外回り完成・内部下地と造作_e0298218_15143640.jpg
外回り完成・内部下地と造作_e0298218_15144149.jpg
外回り完成・内部下地と造作_e0298218_15145551.jpg
外回り完成・内部下地と造作_e0298218_1515236.jpg

# by enddeC | 2012-11-22 23:11 | 住宅

断熱下地た換気扇のこと

外壁下地に断熱板を張りつけます。壁の中にももちろん断熱材を入れるのですが、それでは十分でないのと、柱部など木材は比較的熱を逃がしやすいのでそこもカバーするという意味合いもあります。
最近はこうした複合断熱工法がだいぶ増えてきましたね。
本当は外側の断熱材をもっと厚くしたいのですが予算とのバランスでここら辺に落ち着いてきた感があります。
どなたか「自分の家だったらもっと厚い断熱をしたい」という方が出てくるのをお待ちしてます。(^^)
断熱下地た換気扇のこと_e0298218_1503916.jpg


天井上に埋め込む24時間換気扇です。法律で設置を義務付けられていますので必ず取り付けなくてはならないのですが、安く上げたい場合は単純な換気扇と、空気の取り入れ口だけ・・・という家はたくさんあります。
ですが、折角の暖房した空気を外に捨てて、そとから冷たい空気を直に入れてしまっては高断熱住宅とはいえなくなりますのでこうした熱交換型の換気扇を利用してます。 外の空気を一旦排気で温めてから取り込むという形式です。 このタイプの換気扇もピンからキリまでありますができるだけコストパーフォーマンスのよいものを使いたいものです。
断熱下地た換気扇のこと_e0298218_1504456.jpg
断熱下地た換気扇のこと_e0298218_150492.jpg


外壁の下地がほぼできあがりました。窓回りなどの防水には特に注意してせこうします。
断熱下地た換気扇のこと_e0298218_1505748.jpg
断熱下地た換気扇のこと_e0298218_15128.jpg

# by enddeC | 2012-10-29 22:56 | 住宅

屋根葺き・内部体力壁

屋根を葺きました。材質は最近多くなってきたオークリッジプロという屋根材です。
ガラス繊維を基材としてアスファルトをしみこませ砂をまぶしたようなものなのですが、北米では9割近くの住宅に採用されている非常にポピュラーで実績もあるものです。

このほかにはリッジウェイという同等品がありますが、総輸入代理店の系列で商品名がかわっているだけですので物はほとんど同じといっていいでしょう。 メーカーでは30年保証していますし、なによりありがたいのは岩手のような雪国では雪が滑りお落ちないということです。 7寸勾配程度までの傾斜の屋根であれば雪止めも必要ありません。

屋根葺き・内部体力壁_e0298218_14452241.jpg
屋根葺き・内部体力壁_e0298218_14452834.jpg
屋根葺き・内部体力壁_e0298218_14453922.jpg
屋根葺き・内部体力壁_e0298218_14454565.jpg


最後の写真は白い壁のところをおみせしたかったのです。 ここは特別に補強された構造体力壁です。
こうした壁が4箇所ほどありますが、一般的に吹き抜けを作ってしまうと水平剛性が十分に取れないため建物強度が弱くなってしまいます。 建築家やデザイナーが設計する住宅はふんだんに吹き抜け空間などがあり格好の良いものですが、構造的には非常に弱くなってしまうということをご存知のない方が非常に多いです。
この建物のような平屋の木造住宅でも十分な構造計算をして検討を繰り返すことで強度バランスを一部の壁に受け持たせて吹き抜け空間を作ることが可能になります。(もちろんできない場合もあります)
そうした検討が果たしてどれだけの建物でおこなわれているのか・・・? 非常に疑問です。
屋根葺き・内部体力壁_e0298218_14455137.jpg

# by enddeC | 2012-10-10 23:38 | 住宅

空気循環や体力壁のこと

床下空間は基礎断熱されていますので普通の室内空間といっしょ、という扱いです。
ただし、そのままでは床下が湿気ったり暖房がゆきわたらないので写真のようなパイプを床下に設置します。
空気循環や体力壁のこと_e0298218_14305411.jpg


よくみると塩ビ管に小さな穴が開いているのが分かると思いますが、このパイプから床下の空気を吸い込み、抱くとファンで天井から室内へ送り込むことによって屋内の空気を縦方向に循環させているわけです。
空気循環や体力壁のこと_e0298218_1431248.jpg


外壁回りについては構造用パネル(構造用合板ともいいますが)を張ることで体力壁としています。これは2x4などと同じ理屈で、建物にかかる力を面で分散して負担させているので非常に強い建物になります。
もちろん、構造計算した結果外回りだけではなく内部にもこうした面材を使う場合があります。
構造用パネルの下半分の色が違っているのは防腐、防蟻処理をしているためです。
空気循環や体力壁のこと_e0298218_14311135.jpg
空気循環や体力壁のこと_e0298218_14311799.jpg

# by enddeC | 2012-10-04 23:28 | 住宅

上棟

いよいよ柱建て、上棟になります。

この地で生まれこの地の風土に適した岩手県産材の木材を使いました。
柱は杉、梁は唐松ですが、唐松などはそのまま製材したものを使うと乾燥するにしたがってよじれてしまいますので集成材として、極力ねじれなどがおきないようにします。

外材よりは若干値段は高くなってしまいますが、この地の風土の中でそだってきた木材を十分に乾燥させて使うのは理にかなっていますし強度や耐久力も安心することができます。 どこの山の誰が育てた木材で強度はどのくらいかというのがちゃんと証明書付でわかるからです。

上棟_e0298218_1423360.jpg
上棟_e0298218_1425785.jpg
上棟_e0298218_143327.jpg
上棟_e0298218_143931.jpg


ちなみにすべての構造木材は構造計算されています。 梁や柱はもちろん、屋根の下地タルキ一本でさえ建設地の標高や積雪量、想定加重により太さが計算されて余裕をもって選ばれています。
上棟_e0298218_1431599.jpg
上棟_e0298218_1432090.jpg

# by enddeC | 2012-09-20 23:56 | 住宅

土台敷き

いよいよ土台を基礎の上に敷きこんでゆきます。
土台は耐久性の高いヒノキ材です。 

土台と基礎コンクリートの間にわずかな隙間もできないように気密パッキンを挟み込んで敷いてゆきますが、そのほかにも万が一下から白蟻などが基礎を伝ってあがってきたときのためにそれをブロックする防蟻シートも敷きます。

そのうえで土台を敷き、土台上端の水平を確認したうえ、レベル誤差2ミリ以内になるようセットします。(高いところがあった場合はちょっとだけ削るわけですが・・・)

土台敷き_e0298218_13535395.jpg
土台敷き_e0298218_13535956.jpg
土台敷き_e0298218_1354422.jpg

# by enddeC | 2012-09-15 23:49 | 住宅

温水配管・スラブ打ち他

布基礎が出来上がりましたので、内部のスラブコンクリートを打設します。

湿気があがってこないように防湿フィルムを敷き込んで、その上にさらにコンクリートを打設しますが、防湿コンクリートと床束を支える床石をかねていますので必然的に厚さも10センチ以上となります。
温水配管・スラブ打ち他_e0298218_13402172.jpg

鉄網も敷き込んでコンクリートに靭性を持たせます。さらに布基礎とも鉄筋である程度連結するので、ベタ基礎まではいきませんが建物の沈下抵抗力もうまれます。

このワイヤーメッシュに暖房の温水配管を結び付けてゆきます。 このパイプは架橋ポリエチレン管ですので継ぎ目が無く柔軟性もあり、昔の床暖房で良く使われた銅管などとちがって漏水事故がおきません。
耐久性も紫外線の影響などがまったく無いので100年以上、といわれています。
温水配管・スラブ打ち他_e0298218_13402845.jpg

温水配管・スラブ打ち他_e0298218_13403541.jpg

コンクリートを打ち込み、床下土間スラブが完成します。
温水配管・スラブ打ち他_e0298218_13404156.jpg

# by enddeC | 2012-09-14 19:38 | 住宅

水平断熱

写真を見てお分かりのとおり、この建物は基礎断熱です。
さらに建物の内部と外部にも水平に断熱板を敷き込んでいます。

地中の熱をできるだけ逃がさないように利用するための工夫のひとつですが、県内ではまだこういうことをやっている会社はほとんどありません。

水平断熱_e0298218_14373977.jpg
水平断熱_e0298218_14374411.jpg

# by enddeC | 2012-09-10 19:36 | 住宅